ニュース&トピックス

労使間の契約書と労使紛争(勉強会・後期)
2018年11月08日

 

去る11月8日、労働関連法の講義が行われました。

本講座は2015年から行っております。

今回は前回の講義内容である

「就業規則を見直そう~労働者保護法との関連」を踏まえ

「労使間の契約書と労使交渉」のタイトルで

さらに掘り下げた内容となりました。

 

私たちが従業員と交わしている『契約書』

その契約書には、「どんな項目」があり

それぞれ “何に注意” 

しなければいけないのか?

 

また労使紛争は、「何が原因で発生」し

どのような”結果”になっているのか?を取上げました。
講義概要は以下の通りです。

【講義概要】

1. 前回の振り返り

2. 労使間の契約書と必須項目

3. 契約書の注意点

4. 契約不備が原因として起こる紛争

5. 事例・判例

6. 労災(日本とタイの差異)

~~~

法律を学ぶことは大事ですが

法律の専門家になるわけではないので

以下のポイントに重きを置いて

講義を構成しています。

1.
学んだ法律を実務で使うことが出来る。

2.
学んだことを応用し、

法的視点と実務の双方から

考える事が出来る。

3.
法律は複雑に絡み合うので

いろいろな視点から捉え、

対処する事が出来る。

 

こういったことを

最終的な着地点として考えています。

次回の開催はは12月6日(木)です。

講義内容は、

『労使紛争:事例と判例』

を予定しております。

ご興味がおありの方は、泰日経済技術振興協会

(通称:ソーソートー)までお問い合わせ下さい。

メール: japanese.course★tpa.or.th
(★を@に変えてください)

Tel: +66-2717-3000~3029 ext.754

 

【開催場所】
泰日経済技術振興協会

(略称:TPA/タイ語略称: ソーソートー)

534/4 Pattanakarn Rd Soi 18,
Suanluang, Bangkok 10250

(パタナカーン通りSoi18)

 

LawBook